行政書士って難しい?独学で受かるのか学校に通うのか?

本格的な資格取得の勉強をしていない人

履歴書に資格を書く欄があります。多くの人は、普通自動車の運転免許は書くかもしれません。後は特に持っているものもなく、書いていない人もいるでしょう。これまであまり資格取得の勉強をしていない人が行政書士の資格を取りたいとき、どんな勉強方法をとればよいのでしょうか。国家資格の一つで、難易度としては中ぐらいから少し難しめといわれています。軽い気持ちで勉強しても簡単には合格できません。確実に合格したいのであれば、資格取得を支援してくれる学校に通うようにしましょう。授業やテキスト、模擬試験などがセットになっているので、高校や大学などで勉強する感覚で勉強を進められます。分からないところがあっても、講師に質問もしやすいです。

一定の法律知識を持っている人が挑戦するとき

法律系の国家資格で最高峰は、何といっても司法試験でしょう。新制度になっても難易度はそれなりにあります。その次が司法書士で、こちらも長年司法試験に次ぐ難易度があるとされています。行政書士は、司法試験や司法書士に比べると難易度はかなり下がります。試験もほとんどがマークシートになるので、受けやすくはなっています。ただ、法律系の資格なので、法律問題がたくさん出題されます。大学の法学部に通っている人、卒業した人、その他法律の仕事に携わった経験がある人なら、独学で取得できるかもしれません。書店に行くと、取得のための専門書が売られています。法律知識がある人なら、専門書を読むときもあまり苦労せずに読み進められるでしょう。

行政書士の試験は公務員試験と科目が重なっています。行政法は国家一般職の過去問を解くことができれば合格しやすくなります。