意外と知らない!?司法書士の仕事内容と資格取得の条件

司法書士になるために必要な国家試験の高い難易度

司法書士はその名の通り、クライアントから依頼された法律に関係する書類の作成を行なうことが主な仕事です。依頼を受けるのは企業から個人まで幅広い人を対象としています。司法書士になるためには国が定めた国家試験に合格しなくてはいけません。受験資格に特別な制限はないので、年齢や学歴に関係なく誰でも受験をすることは可能です。

しかし、司法書士は数ある国家資格の中でも特に合格の難易度が高いことで知られていて、その合格率は数パーセントとも言われています。これほどまでに難易度が高いのは司法書士の数を増やさないための処置でもあり、人数が少ないことで報酬を含めた高い給与水準が保てているのです。そのため、司法書士になることができれば、仕事や収入といった面で安定した生活が保障されているとも言えます。

司法書士の国家試験に合格するために必要な勉強法

毎年の合格率が数パーセントとも言われている司法書士の試験に合格するためには、ただ闇雲に勉強をするのではなくポイントを抑えながら勉強をすることが必要になります。

司法書士は法律に関わる仕事である以上、試験の大半が法律に関係する内容です。試験は大きくわけて11科目に分かれているので、当然全て覚えるとなればその量はけして少なくはありません。人は勉強をする時についあれもこれもとなってしまいがちですが、大切なのは量ではなく要点を捕らえて確実に知識を頭に入れることです。効率よく勉強をしていくのであれば、これまでの試験問題から出題の傾向を読み取って、集中的に勉強することが求められます。そして確実に知識を頭に入れるために、反復して勉強することも忘れてはいけません。

司法書士の試験は、合格率の低い難関試験として知られています。しかし、その狭き門ゆえ、司法書士資格には、安定性や将来性が保障されています。