様々な税金に関する業務に取り組める税理士の資格の魅力

税理士の資格を取得するには

税理士の資格を取得するためにはいくつかの方法がありますが、税務署で職員として一定期間勤務をすることや、税理士の国家試験に合格することが一般的です。特に、税理士の国家試験は、簿記検定の合格者や専門分野の大学卒の人であれば、受験の申し込みができることから、今や多くの社会人の間で人気が高まっています。

税理士の資格を国家試験で取得するためには、数年以上にわたる学習期間が必要となることがありますが、苦手な分野を中心として通信教材や予備校などを利用しながら、自分に合った勉強に取り組むことが肝心です。なお、独学のテキストや問題集を使って税理士試験にチャレンジをするにあたり、実力を試すために模擬試験を受けたり、予備校の直前対策を受講したりすることも効果的です。

税理士試験に合格をするための勉強法

税理士試験は、簿記論や会計学、所得税法など試験範囲が広いことや、専門性の高い内容が出題されることがあり、受験対策に大変長い時間がかかることが知られています。特に、未経験者であれば5年以上の学習期間が必要となることもあり、十分に受験対策の立て方にこだわることが大切です。

大手の予備校においては、税理士や公認会計士の資格を有する講師による対策講座が行われることがあり、本格的に試験に出やすいポイントを重点的に確認したい場合に大きな役に立ちます。また、税理士試験の合格者のアドバイスを参考にすることによって、素人であっても合格に向けてモチベーションを高めることができます。

税理士の講座は簿記論や所得税法など科目単位で履修できるものもありますが、合格するためには全科目受ける方が有利です。