40代や50代は自動車保険料が安くなる理由

昔の自動車保険と現在の自動車保険のちがいとは?

自動車保険に加入するときの年齢によって、保険料が変わってくるのは常識ですよね。一般的に、10代や20代前半の若い人が自動車保険に加入した場合、保険料はかなり高額に設定されており、加入者の年齢が上がるに従って保険料は安くなっていきます。どの保険会社においても、40代から50代にかけての加入者の保険料が最も安く設定されているようです。

今でこそ、保険料の設定は1歳きざみで細かく決まっていますが、ひと昔前までは35歳以上の人は一律で同じ保険料だったことをご存じでしょうか?以前の自動車保険では、35歳の人も40歳の人も、まったく同じ金額の保険料を支払っていることが多かったんです。ところが、ドライバーの年齢ごとの交通事故率を計算して、年齢1歳ごとに異なる保険料を設定した自動車保険が登場し人気となったことから、今ではほとんどの自動車保険で採用されるようになりました。

40代や50代の保険料はどのくらい安くなるの?

40代や50代のドライバーの保険料は、20代のドライバーの保険料の約半分以下になっている自動車保険もあります。それだけ、この年代のドライバーが交通事故を起こす可能性が少ないということです。どの保険会社にとっても、この年代の加入者は魅力的です。事故で保険を支払う可能性が少ない優良な顧客であるためです。今は、この世代の加入者を増やすために、各保険会社のあいだで熾烈な競争が繰り広げられています。新規加入者や他の自動車保険から切り替えた人へのプレゼントなど、いろいろな特典がついてくることがあるので、次の更新のときは各社の自動車保険をチェックしてみてはいかがでしょうか?

自動車保険の比較のポイントとして、保険料や補償内容、特約の充実度、ロードサービスの有無などがあります。