iDeCoって一体何?iDeCoに加入で得られる節税効果とは

そもそもiDeCoとは

国民年金・厚生年金・共済年金は原則、必ず加入しなければならない公的年金です。それに対し、企業年金と個人年金は加入するかどうか自由に決められる私的年金です。私的年金には大きく分けて確定給付型と確定拠出型の2つがあります。iDeCo(イデコ)は個人型確定拠出年金の愛称であり、2017年1月に個人型確定拠出年金の加入者範囲が拡大された際に、愛称が決定されました。企業年金に加入している人や、公務員、専業主婦が新たに個人型確定拠出年金の加入対象となり、基本的に公的年金制度に加入している60歳未満の人は全員iDeCoに加入することが可能です。

iDeCoのメリット

iDeCoは毎月の掛金を自分で運用しながら、老後の積立をする制度です。運用方法は定期預金に預けるか、投資信託を購入するか選ぶことができます。定期預金に預けた場合は掛金が減ってしまうリスクはありませんが、0.01%~と低い金利しかつきません。投資信託を購入した場合は元本割れするリスクがありますが、うまくいけば資産を増やすことも可能です。どちらを選ぶにしても、運用で得た利益は非課税になります。通常、投資信託で得た利益に対しては約20%の税金がかかってしまいますから、非課税というのは大きなメリットです。

また毎月の掛金分は所得税と住民税から控除されるため、節税になります。さらに60歳以上で個人型確定拠出年金を受け取る際も、非課税か控除を受けられます。年金として分割で受け取るか、一時金として一括で受け取るかを選べるのですが、受取方法に関係なく一定額まで非課税です。

イデコは個人型確定拠出年金です。そのため、老後の備えをすることができ、資産を安定的に運用することが可能です。