自分の進路の幅と可能性が広がっていく!高校卒業資格の合格を目指そう!

確かに義務教育ではないけれど…

中学校までは義務教育ですが、高校はそうではありませんよね。だから極端なことを言うと、高校に必ず行かなくてはダメというわけではないんです。でも、実際には不登校経験のある生徒や高校中退者も、通信制や定時制に通って高校卒業を目指している人がたくさんいますよね。その理由は、最終学歴が中学卒業では、進学や就職の幅がとても狭くなってしまい、自分の進路が限定されてしまうからなのです。高卒認定資格を取る為の講座を受講している人の主な動機も、大学や専門学校の入学資格を得るため、という理由が多く見られます。高卒認定試験に合格した後に受験資格が得られる国家資格の種類も豊富なんですよ。中学卒業のままよりも、メリットが大きいですよね。

高卒者と同等だと認められるために

通信制や定時制高校は誰もが入れますが、全日制以上に強い目標意識がないと継続できません。途中で断念してしまう人が多いのもそのためです。でも、途中で通信制などからリタイアしてしまった人でも、頑張れば取ることができるのが高卒認定資格なのです。予備校や塾、通信講座に高卒認定試験用のコースがあるので、これを受講することで試験までに必要なことを重点的に学べるでしょう。高卒認定試験のいいところは、一回合格した科目には有効期限がないことと、免除制度があることですよね。つまり、合格した科目と不合格になった科目があった時は、その年に高卒認定資格をもらうことが出来なかったとしても、来年に落とした科目の試験だけ受けて合格すればいいんです。

高校卒業資格は、高校を卒業したことを証明する資格です。学校教育法の第1条で定められた全日制、定時制、通信制のいずれかの高校を卒業するともらえます。