知らなきゃ損する!?株を選ぶときの手数料の仕組み

手数料はトータル的なバランスを考えて

株の取引を始めようと思っても、どの証券会社を選ぶかによって、提供しているサービスが大きく異なります。正しい知識を身につけて、賢い株の選び方をしましょう。例えば、100万円までの株の手数料について、ある証券会社で比べてみると一方は1,000円、他方は1,500円という値段をつけています。この部分だけ比べると、手数料が1,000円の株の方がお得に感じるかもしれません。ですが、これだけでお得な株は判断できません。会社によっては一律定額制というサービスもあり、一日に何回取引をしても一定以上の手数料がかからない場合があるからです。この場合、100万円までの手数料が高い株も、一日の取引の回数によっては結果的にお得になるかもしれません。

目的をはっきり決めておくことが大切

株を始める方は、「少し貯金の足しにしたい」・「大きく稼いで起業資金の足しにしたい」など、それぞれ違った目的を持っています。株式投資には様々な投資方法があり、目的に合った株を購入することが大切です。今までに投資経験が少ない方や、元の資金が少ない方は、できるだけ手数料自体が少ないローリスクな証券会社がおすすめです。期間的にも、一日の株価の動きだけに影響されない、長い目で見た投資の方が向いてるかもしれません。一方、経験があり瞬時の判断に自信のある方は、デイトレードのように一日に何度も取引を繰り返すかもしれません。この場合には、株自体の手数料だではなく、取引の際に発生する手数料も考慮に入れて、株を購入してみましょう。スピードの求められるデイトレードは、ハイリスク・ハイリターンとも言えますので注意しましょう。

株の信用取引の金利は、非常に重要なポイントです。その理由は、トレードスタイルにあったプランを選択できると、大きく収支に影響するからです。