老後の生活が豊かになる?その制度のメリットとは

何もかも自分で決めます

個人型確定拠出年金のことをイデコといい、加入した人が毎月自分で決めた掛け金を掛け、その掛け金の運用も自分で行う制度です。国民年金と同じような目的で設けられた制度のため、60歳になるまではどのような理由があろうと引き出すことは不可能です。加入した月から毎月自分で決めた掛け金を自分で決めた資産運用方法によって運用し、老後の年金として受け取るものだからです。毎月の掛け金は5000円から始めることができ、1000円ごとに金額を設定できます。掛け金の金額は、個人個人によって上限に違いがあり、公務員は月1万2千円・会社員で企業年金制度のある人は月1万2千円か2万円までです。企業年金制度のない会社員は毎月2万3千円・専業主婦は毎月2万3千円・自営業は月6万8千円までとなります。この上限額は、個人個人の細かい条件によってはこの限りではないので、イデコのサイトで加入診断してみましょう。加入診断は、簡単な質問に答えるだけで加入資格があるかどうかやどれくらいの掛け金を毎月掛けることができるのかを教えてくれる便利な診断です。

全て自己責任になります

イデコおよび個人型確定拠出年金は、毎月掛ける掛け金をどのように資産運用して増やすのかは、自分で決めることができます。逆に言えば、資産運用を上手にできる人は国から支給される年金額よりも多くの年金をこのイデコおよび個人型確定拠出年金から受け取る事が可能です。ただ、資産運用を失敗してもそれは個人の責任となるのでこの制度を活用するときは、十分に資産運用の勉強をする必要があります。

iDeCOとは、個人用の確定拠出年金のことで、株などの金融商品に対して毎月一定の金額を積み立てて運用します。